MUSIC
ドイツ発の音楽ツール「Sound Cloud」
2010.06.29
sound_01_01.jpg この「WIRED+music」のコーナーでは、WIREDならではのワールドワイドな視点で、音楽を楽しむための情報やツールなどを紹介していきます。

1回目にご紹介するのは、ドイツ発の音楽ツール「Sound Cloud」。これはミュージシャンやDJをはじめ、音楽を趣味にしている人なら誰でも、自分の音源をインターネット上にアップロードできるサイトです。





音楽好きな人が使っているサイトと言えばMyspaceが広く知られていますが、Myspaceにはデザインが見づらいものがあったり、自分でデザインするのが面倒という人も少なくありません。その点Sound CloudはFacebookやTwitterのようなシンプルなサイト構成なので、見やすく使いやすいです。
sound_01_03.jpg まだメジャーではないミュージシャンがプロモーション用にオリジナル曲をアップすることもできますし、なんとなく作ってみた「素人ミックス」をアップして聞いてもらうような使い方もOK。幅広い音楽ジャンルが揃っているので、Hip HopやJazzなどのキーワードを入れて、自分好みの音源を探すこともカンタンにできます。他にも今の季節なら「夏 (summer)」をキーワード検索して、世界中の夏っぽい曲を聞くのも面白いかも。
sound_01_04.jpg また、自分が気に入った曲やミックスをTwitterやFacebookで友達に知らせたり、ブログに貼り付けることもできるので使い勝手も良いです。いま現在は英語のみのサービスですが、見た目がとにかくシンプルなので、直感的な操作でお気に入りの曲を探してみてはいかがでしょうか。

Sound Cloudサイトはこちら