DESIGN
トウキョウをデザインする。
2011.09.15
tomita0915_1.jpg ファッションからインテリアまで幅広くデザインする、冨田靖隆。2011年8月、彼のブランドの1つである「dictionary」の服が、LOVELESS青山のショーウィンドウを飾っていた。 tomita0915_2.jpg 2004年にオープンしたLOVELESS青山は、ハイブランドを取り扱うセレクトショップ。 tomita0915_3.jpgtomita0915_4.jpg 今回のショーウィンドウは、LOVELESS青山のプレスである松本氏から誘いがあった。 tomita0915_5.jpg 「2011年秋冬の最初のショーウィンドウだったので、気合いを入れて臨もうと思っていました。春夏に反響の良かったブランドさんにお願いしたくて、すぐに冨田さんに連絡しましたね。」(松本氏) tomita0915_6.jpg 青山のメインストリート沿いで、広いスペースを使える機会はなかなかない。とても光栄なことだと冨田も二つ返事で引き受けた。 tomita0915_7.jpg dictionaryの今シーズンのテーマは"The Circus & Magic"。ショーウィンドウもこのテーマを元に演出した。イメージがすぐに浮かび、2時間程でアイディアをまとめたという。 tomita0915_8.jpg 「洋服を買ってもらうのが1番ですが、まずはお客さんに店に入ってもらえるようにと考えてデザインしました。ディスプレイがあることで雰囲気が良くなったと感じてもらえたらいいですね。」(冨田) tomita0915_9.jpg 実際にディスプレイを見たお客さんからは「あまり見ない世界観で楽しかった」という感想があった。 tomita0915_10.jpgtomita0915_11.jpg 「今後も、人の印象に残るもの、エネルギーを発信できるものをLOVELESS青山さんと一緒に作れたら」と冨田は語る。 tomita0915_12.jpg また別の日には、エプロンブランド「HONEYMOON(ハネムーン)」の打合せをしていた。 tomita0915_13.jpg HONEYMOONは、冨田と佐藤利樹氏が2010年に立ち上げたブランド。2人が作るエレガントなエプロンは、トーキョースイーツファクトリーなどのカフェの制服としても使われている。 tomita0915_14b.jpg 佐藤氏はプロダクトやインテリアをメインに手掛けるプロジェクトデザイナー。現在、池内タオルの「コットンヌーボー」をはじめ、様々なプロジェクトに携わっている。 tomita0915_15b.jpg 3年程前にKDDIの仕事で出会った2人。話しているうちに考え方に似た部分を感じるようになった。佐藤氏がエプロンというアイディアを冨田に提案し、HONEYMOONはスタートした。 tomita0915_16.jpg 意見が食い違った時は、お互いが納得するまで妥協しない。「話し合ってチャレンジして、世界のどこにもないものを作っていきたい」と佐藤氏は言う。 tomita0915_17b.jpg 冨田は、頻繁に顔を合わせる佐藤氏に、自身のセレクトモデルAGAV060をプレゼントした。時計のデザインにも興味があるという佐藤氏。お揃いの時計に「すごく仲良くなったみたい」と笑っていた。 tomita0915_18.jpg これからはエプロン以外のものも作っていく予定。2人だからこそ生み出せる、新しい作品。どんなものになるのか今から楽しみだ。 link_watchagav060.jpg