SPORTS
セパタクローVSフットサル
2011.08.05
sumida21.JPG 7月18日、セパタクロー日本代表とフットサルチームFUGA TOKYO太見選手所属)の合同イベントが墨田区体育館で開催された。 sumida23.JPG きっかけは、今年2月に墨田区体育館をホームとしているFUGA TOKYO主催のイベントがあり、そこに寺島選手をはじめとするセパタクロー日本代表が招待されたことから。

その後、セパタクロー協会からFUGA TOKYOへ積極的な働きかけがあり、今回2回目のイベント共催となった。 sumida5.JPG 午前9時という早い時間のスタートにもかかわらず、約30名ほどの子供たちが集まっていた。今回の内容は子供を対象にしたセパタクロー&フットサル教室とセパタクロー日本代表 対 FUGA TOKYOのフットサル対決。 sumida2.JPG 普段サッカーをやっている子供たちだが、プラスチック製のセパタクローボールは扱いにくいようで、蹴るたびにボールは思ってもいない方向へ飛んでいく。 sumida6.JPG 「サッカーをやっている子は基礎ができているので、教えやすいですね。それにセパタクローは柔軟性を必要とする動きが多いので、体が柔らかい小さい子ほど覚えが早いんですよ」と寺島選手は言う。 sumida8.JPG 続いて、より実戦的なサーブやアタックなどの練習。ネットの向こうの目標を狙う顔は真剣そのもの。うまく蹴られたときにハイタッチする様子は、年の差を超えた仲間のようだ。 sumida4.JPG 最後は7点先取のゲーム形式。短い練習時間だったが子供たちはみるみる上達し、ゲームとして成立していた。
寺島選手は「1人でも多くの子がこの楽しさを覚えていて、いつかセパタクローを始めてくれたら」と願っている。 sumida9.JPG その後、フットサル教室が同様に基礎練習からゲームまで行われ、いよいよセパタクロー日本代表 対 FUGA TOKYOのエキシビジョンマッチ。 sumida10.JPG sumida11.JPG セパタクローチームには元々サッカーをやっていた人も多く、普段から練習前のウォーミングアップでフットサルを取り入れている。 sumida15.JPG 前回の対決では、なんとセパタクロー日本代表が勝ってしまい、今回はFUGA TOKYOが威信をかけてリベンジに燃えていた。 sumida18.JPG 試合序盤は両者一歩も譲らない攻防が続いていたが、時間が経つにつれてFUGA TOKYOが優勢に。最終的にはFUGA TOKYOが6-1の圧倒的なスコアで雪辱を果たした。 sumida17.JPG 「本気を出されると、やっぱり勝てませんね。でも十分に楽しめました」と寺島選手。実は寺島選手と太見選手は大学の同級生。2人がWIREDでつながったのも不思議な縁だ。

セパタクローとフットサル。競技は違えど、これからも切磋琢磨して、メジャー競技へと押し上げるための地道な努力は続いていく。 sumida12.JPG そしてこの翌日、寺島選手はマレーシアで行われるセパタクローのワールドカップに参戦するため、飛び立って行った。 sumida26.JPG
link_agav062.jpg